MTI Biotech

回復時間

リカバリータイム

HMBは、非常に活発な活動に於いて最大の強度を可能にします


人々が実際にトレーニングの効果を翌日感じるのは、本格的な競技参加者と同様カジュアルなア

3002001000 Pre Post Race 1 Day 2 Days 3 Days 4 Days HMB Decreases CPK Levels (Muscle Damage Marker) After Running Percent Change in CPK Activity (Knitter et al., J. Applied Physiol. 89: 1340-1344, 2000) Without HMB: Muscle Damage 51 209 130 100 62 With HMB: Less Damage 21 107 41 24 16
450 350 250 150 50 0 -50 Pre Week 2 Week 3 After Weightlifting Percent Change in CPK Activity (Jówko et al., Nutrition. 17:558-566, 2001) Without HMB: Muscle Damage 435 119 With HMB: Almost No Damage 13 -24

スリートにも当てはまります。更に、非常に活発な運動をしたいかなる人々も筋肉損傷を最少にする事によりHMBの恩恵を受ける事が示されています。

HMBは厳しい練習の間、蛋白質分解を最少にする事により筋肉損傷を最少にします。蛋白質分解がより少ない事は、筋肉細胞の安定性が改善され、より少ない膜損傷となることを意味します。筋肉細胞損傷(漏出)の減少は血流中のクレアチン・ホスフォキナーゼ(CPK)の様な、筋肉損傷マーカーの減少により測定されます。

健康の為にトレーニングに真剣に取り組むアスリートから、根気強くフィットネスに熱心な人まで、HMBは更なるポテンシャルを秘めたサプリメントであるとのエビデンスが増加しつつあります。 

 



HMBについて
誇大ではない科学
HMBはどのように作用するか
HMBをどのように摂取すべきか
ウエイト・トレーニング
回復時間
有酸素運動のパフォーマンス
HMBの安全性
HMBの組み合わせ

 

© 2019 MTI Biotech. 無断転用禁止.